ボーリング調査

ボーリング調査とは

ボーリング調査は、油圧で駆動するボーリングマシンを用いて地面に直径10cm前後の孔を堀削し、その孔を利用して各種原位置試験(標準貫入試験や孔内水平載荷試験など)を行う調査方法です。

原位置試験として最もよく行われるのが標準貫入試験ですが、通常は1m掘り進む毎に実施し、各深度の地盤強度(N値)を調べると同時に土を採取します。

土質や土の締まり具合にもよりますが、1回の標準貫入試験につき100~500g程度の土を採取することが出来ます。

ボーリング調査と同様に地盤強度を調べる方法としては、スウェーデン式サウンディング試験などが挙げられますが、こちらは比較的簡易な調査方法で、戸建住宅やプレハブなどの小規模な建築物のための地質調査に用いられることが多く、中~大規模建築や土木工事では、ボーリング調査が採用される傾向があります。

ボーリング調査の例

ボーリング調査のメリット

まず、スウェーデン式サウンディング試験など、他の調査方法と比較してボーリング調査が優れている点についてご説明します。

※スウェーデン式サウンディング試験の詳細については、各種サウンディング試験を参照下さい。

精度の高い土質判定が可能

標準貫入試験に用いる貫入試験器は、試験時に試験器内部に土が流入する仕組みになっており、採取した土を直接見ることが出来るため精度の高い土質判定が可能です。また、採取した土は粒度試験など各種土質試験にも用いることが出来ます。

スウェーデン式サウンディング試験でも土を採取することは可能ですが、一度に採取できる土の量が少なく、必要な量を採取するには非常に手間がかかるため、現場では土の採取はあまり行われていません。

地下深くまで調査が可能

スウェーデン式サウンディング試験では、特に石の多い地域では目的の深度に到達する前に堀削不可能となる場合がありますが、ボーリング調査では大きな石も削りながら掘進することが可能なため、比較的土質に左右されずに目的の深度(最大100m程度)まで調査が可能です。

ボーリング調査のデメリット

広い作業スペースが必要(4~5m四方)

ボーリング調査では比較的大きな機械を使用するほか、孔が崩れないように孔壁を保護するケーシングや、堀屑を地上に排出するための循環泥水の処理設備が必要となるため、約5m四方の広い作業スペースが必要となります。

作業期間が比較的長い

1日に堀削可能な深度が5~10m程度なので、堀削深度の長さやボーリング本数によって相応の作業期間が掛かってしまいます。また、硬質で大きい石の多い地域では作業効率が著しく低下するため、そのような地域では予期せぬ期間延長が発生する場合もあります。

調査費用が比較的高価

スウェーデン式サウンディング試験に比べて使用する資機材も多く、作業期間も長いため、調査費用は高くなる傾向にあります。